郊外の広い土地には太陽光発電投資が最適|有効活用で収益を得よう

女性

郊外での土地活用

ソーラーパネル

不動産投資には様々な投資先があるが、その1つとしてあるのが太陽光発電投資である。太陽光発電投資では、太陽光発電による売電収入で収益を得るための投資であり、近年利用が広がっている。太陽光発電投資では、特徴がある。その特徴としては、郊外に土地を持っている場合にでも有効活用できるということがある。土地の有効活用では、都市部で所有する土地の活用が中心となっている。都市部の場合には賃貸アパートの建設による投資や駐車場設置による投資など様々な活用方法がある。一方郊外では、これらの需要が少ないため、土地の活用方法も限られてくる。その点において、太陽光発電投資では郊外の方が向いているということもあり、他とは異なる特徴になっている。

太陽光発電投資を行う場合、把握しておきたい点がある。まずは、近隣に太陽光を遮るものが無い場所への設置が重要ということがある。太陽光発電では、より効率よく太陽光を当てる方が売電収入が大きくなるということがある。その為、近隣に建物が無い場所など太陽光を遮らない場所での設置が重要になる。また、土地を広く確保することも設置の上で大切になる。広い土地に対して太陽光パネルを設置することで、売電収入をより大きくできる。その際、地価が安い郊外程向いているということがある。その他、日照時間の長い地域が最適という点も重要になる。地域によって日照時間は異なるため、太陽光発電投資においては日照時間が長いエリアの選択も工夫としてある。

事務からクレーム対応まで

紙幣

賃貸管理は大きく分けてハード面とソフト面の管理が存在します。ハード面は建物のメンテナンスを、ソフト面は事務やクレーム処理などが特徴です。知っておきたい賃貸管理の知識にはリーシング業務が挙げられます。入居者を集めるための営業活動のことで、不動産管理会社に任せるのが一般的です。

読んでみよう

転勤による自宅の空き家

インテリア

転勤などで一定期間、持ち家を不在にする場合があります。リロケーションなら、その期間の空室を第三者に貸すことで不動産収入を得ることができます。自宅の維持も入居者に任せることができて、空室の不安がなく、しかも不動産収入を受け取れられます。

読んでみよう

不動産投資の難しさ

コイン

不動産投資を成功に導くカギは家賃相場を的確にとらえることです。今後数十年にわたって返済することを考慮し家賃をどの程度に設定すればいいのか試算することが大事なポイントです。不動産選びの際に見誤ると赤字に転落してしまうのです。

読んでみよう